BOSE in-ear headphones BOSE-IE (エレクトロニクス)

メーカー:BOSE

・装着感
耳のくぼみに引っかけるタイプなんですが、イヤーチップがふにゃりと柔らかくスポッとはまり込む感じで、
コードを引っ張られない限り抜け落ちる心配はないです。大きさが3種類のイヤチップが付いているので、ベストサイズなら長時間つけていても痛くなりません。

・取り回し
 ケーブルが長く、左右等長のケーブルなので取り回しはそんなに良くないです。
風切り音、ケーブルの擦れ音は無いので、それだけでもカナルから乗り換える価値はあるかも。  専用のケースがついていますが、箱に本体を収めてまわりにコードをグルグル巻き付けるタイプ。
厚みも結構あって、サイズ的にアメリカンな感じです。つまり、本体はピッタリ収まらないし、ケーブルも結構曲がりにくい素材なので、慣れるまでは手こずりそうです。
革張りだったり、ふたの固定がマグネットだったりで、ケース自体の質感はすごく良いんですが。 ・音
 肝心の音。「BOSEのスピーカー耳の中へ」のキャッチフレーズには納得。
低音もドンではなくズンと言う感じ。エージングする前は、高音の延びがイマイチかと思ってたんですが、
耳が慣れたのかエージングが済んだのか、気にならなくなりました。音作り的に、聴く音楽を選ぶと思います。  具体的には、山崎まさよしとか、スピッツとか、そのあたりのボーカルだとホンワカできます。ハードなロックとかはごく普通。
じっくり耳を澄ませると、各楽器の息づかいは感じられます。とくに、ベースの音がしっかり鳴っているのがわかる感じ。ちゃちなスピーカーとかヘッドホンとかだと、
ベーシストが可哀相になってくるんですが、このヘッドホンではしっかりベーシストもサポート(笑)
 中低音重視の音だからかもしれませんが、耳が疲れにくく感じます。静かな場所だと音の解像感を感じられます。

・総評
 ケーブルの取り回しで、ケーブルが短かったらとか、布巻きケーブルだったらとか、左右非対称ケーブルだったら、
とかそういう取り回し的部分で、少々不満はありますが、音漏れもほとんど無いし、電車の騒音下でもそこそこ聞けるので、
通勤通学で使うのにはもってこいじゃないでしょうか。そして、移動中はもちろんですが、静かな部屋で聞くのも、ひそかにばっちりだったりします。
そのときは、激しいロックとか中・高音重視の音楽は開放型のヘッドホン、中・低音がほしい曲だったらこいつ、みたいに使い分ければベストだと思います。 値段分の価値は十分ある製品でしょう。 さらにこういうしっかりとしたものは、リサイクルをしても結構な値段で買取がつくこともざら。 たとえば、紙などのリサイクル、奈良の古本買取などと比べても、本当に全然違うものね。

コラム|電子書籍と普通の書籍

電子書籍と普通の書籍の違いってなにか、考え見て事があるだろうか? 電子書籍をちょっと調べてみた。

-------------
電子書籍(電子書籍、電子ブック、デジタルブック、あるいは電子版を通じて公開)の本の長さのテキストで構成されるデジタル形式の出版物、画像、またはその両方であり、生産、そして上に読めるコンピュータやその他の電子機器。時には、従来のプリントと同等の本は、電子書籍もデジタル生まれることができます。英語のオックスフォード辞書として電子書籍を定義しています"印刷された本の電子版、" 電子書籍や任意の印刷物と同等なしには存在しないことができます。市販のE-ブック製造販売通常専用で読むことを意図している電子書籍リーダー。しかし、を含む制御可能な視聴画面、特徴ほぼすべての洗練された電子デバイスのコンピュータは、多くの携帯電話、そしてほぼすべてのスマートフォンは、また、電子書籍を読むために使用することができます。Amazonなど一部の企業は、PCソフトウェアのための彼らのKindleと、ユーザーは他のプラットフォームではそのフォーマットを読み取ることができますエミュレータを提供します。
-------------

ちょっとわかりずらいかもだけど、 まぁ、つまりは、電子ブックといわれたり、電子書籍と言われたりするものは、 書籍にとってかわるというより、むしろ、書籍とは違う市場を形成するものなのかもしれない。 そういえば、最近は料理なんかもクックパッドでさらっと、まるで実験の様につくっている。 嫁さんが。その情景をみて、「あー、世の中もかわったなー」なんて、実感してる。 とりあえず、今まで集めたプロ仕様の料理グッズも、厨房機器 買取で検索してうっぱらうつもりみたい。 古本や古書、雑誌などのアナログ媒体がなくなるということよりむしろ、 活字の違う側面を導き出してくれるものなのだろうね。 あと、たとえば、これから始まる甲子園系の雑誌。昔怪物と呼ばれたあの名選手や、 いろいろな記録があるから、結構人気になっているよう。 「古本買取 神奈川」で検索して出てた漫遊堂って古本屋さんが書いてたね、ブログで。 とりあえず、これから、古本買取 大阪 n-nine って調べてから、その答えを探してみようと思う。だって、古本業界の雄であるブックオフなんて一部上場企業。それがすぐになくなるなんて、考えにくいじゃない。

購入サイトなど